gr

2016.3.23CATEGORY: ノート

デザインの道を志す学生さんへ – 「デザインはとっても身近なもの」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest

中学生からの一件の電話。

東京では桜の開花宣言が出され、街を歩く人の装いも少し春めいた色合いになってきました。
 
先日、Graphika inc.(以下、グラフィカ)宛に一件の電話がありました。
電話の主は、少し幼さの残る声で「○○中学校の生徒さん」であることを伝えてくれました。中学生からのお電話に少し戸惑ってしまったのですが、お話を聞くに「課題解決学習」に関するご依頼とのこと。
詳しい内容を後日先生にお聞きしたところ、「課題解決学習とは、企業訪問を通して生徒の主体的な学びの力を向上させるために行われるカリキュラムである」との説明を受けました。

 

とても責任の重い、だけどグラフィカにとって大義のあるご依頼です。できることならお引き受けしたかったのですが、ご指定いただいた時期が合わず、丁重にお断りさせていただくこととなりました。
尚、訪問企業は生徒さん自身が選ぶことになっているようで、どうして小さな小さな会社であるグラフィカを?とびっくりしちゃいましたが、富山県の中学生が僕たちのことにご興味を持ってくれたことを、とても嬉しく受け止めています。
「課題解決学習」ではご一緒できませんが、もし僕たちが何かご協力できるようなことがあればいつでもご連絡いただければ、と思っています。


デザイン業界を目指す学生さんとの出会い。

中学生からのお電話は初めてでしたが、グラフィカ宛に、専門学生や大学生などこれからデザインの道に進みたい!という方からのお問い合わせをいただくことがあります。
グラフィカは創立以来変わらぬメンバーで、今すぐスタッフを募集する予定はないのですが、時間の許す限りお問い合わせいただいた学生さんと会い、お話をさせていただく機会を設けてきました。就職を目指す学生さんにとっては貴重な時間を割いていただくことになり、僕たちとの時間が有意義かどうかも自信がないのですが、実際お会いしてお話をすることが何かのきっかけになってくれたらいいな、と勝手ながらいつも考えています。

 

そういった経緯もあり、グラフィカにお問い合わせいただいた方達と同じ、デザインの道を志している学生さん達に伝えられることを、燕アンテナでも少しずつ綴っていきたいと思います。


デザインはとっても身近なもの。

僕たちがまず伝えたいことは、デザインはとっても身近なものだということ。

 

「デザインとは何なのか?」なんて難しいことは深く考えなくていいのかもしれません。
道路の標識も、電車の吊り広告も、ジュースの容器も、気になる人から届いたLINEスタンプも、僕たちの身の回りにはあらゆるところにデザインされたモノがあって、毎日何かしらのデザインを目にしています。そして、そのデザインによって、僕たちの生活が便利で豊かなものになっているのです。
 
また、インターネットの普及により、世界中のデザインを誰でもいつでも見ることができるようになりました。
これが実はとっても画期的であることを、それが当たり前に感じている若い人達こそ認識すべきだと思っています。
 
美術館に足を運び本物の美術品を間近に見る体験やデザインイベントに参加することも大切だとは思います。でも、それ以外にも、手元にあるスマートフォンを使って好みのお仕事をしているデザイン会社のFacebookページを眺めてみたり、Pinterest上でステキなデザインを集めてみたり、今の時代だからこそできる情報収集の方法はたくさんあるはず。
ひと昔前はなかなかデザイン業界について知るチャンスがなかったけれど、今はグラフィカのような小さな会社ですら情報を発信しているので、就職に向けた会社選び、進路決定の判断材料を数多く見つけることができると思うのです。

 

次に、そうして見つけたデザインの何が良いのか、何があなたを魅了しているのかを考えてみよう。
「お気に入りのブランドの広告だから」「なんとなく幸せな気分になる」「タイポグラフィがカッコイイ」「写真が綺麗」などなど。
まずは、クライアントの先にいるお客様(ユーザー)の立場でデザインを見てみる。


デザインの意図を想像してみる。

最後にもう一歩、どういう意図でそのデザインにしたのか、という作り手(デザイナー)側の目線で見てみよう。
 
・文字の大きさ
・英語の有無
・写真の加工
・レイアウト など
挙げたらキリがないくらいのことを、きっとその作り手は考えてデザインしたはずです。
 
そういったことを日々考え、デザインを身近に感じることで、デザインをお仕事にするヒントが見えてくるのかもしれないし、それだけで充分デザインのお仕事に一歩近づいているのだと思います。
 
これからのデザイン業界を担っていく金の卵である皆さんが、ステキなデザインと出会い、いつかステキなデザインを世の中に提供していけるよう、小さな会社グラフィカは応援しています!

We Are Graphika!!

We AreGraphika inc.

&ROOF

Rental Space&ROOF

VINCENT

Original BrandVINCENT

LINE STAMP

Line Stamp

燕アンテナ

人のそばを好んで生きる
“燕(ツバメ)” のように
『ステキ!』なデザインに
寄り添っていきたい。

© 2013 Tsubame Antenna
by Graphika inc.

人のそばを好んで生きる
“燕(ツバメ)” のように
『ステキ!』なデザインに
寄り添っていきたい。

燕アンテナは、“デザインと人” にまつわるお話を綴る Graphika inc. のカンパニーブログです。 このブログを通じて、ブランディング、グラフィック、WEB、プロダクトをはじめとした私達が見つけた「ステキ!」なデザインと、それを生み出す人々のこと、また、日々デザインに寄り添っていきたいと願う私達のささやかな “思い” をお伝えしていきたい、と思っています。

「燕アンテナの運営について」

燕アンテナは、広告・販促物などの印刷物をはじめ、WEBサイトの企画・制作、写真撮影、PR、イベント企画・制作までを手掛ける、トータルデザインカンパニー Graphika inc. が運営しています。
当ブログへのご感想、ご意見、お問い合わせは、 Graphika inc. までお願いいたします。